業界最大級 1,500 件以上の請求実績! 精神疾患専門の障害年金申請代行センター

ブログ


メールで共有する
このページを印刷する
公開日:2022/03/24
  最終更新日:2022/06/22

オンスケ?いえ、ビハインドです

オンスケ?いえ、ビハインドです

湘南平塚オフィスの加賀です。

社会人になりたての頃、仕事を覚える中でビジネス用語の壁にぶつかることが多々ありました。

ちなみに記事のタイトルは
『予定通り進行しているか?』
『いいえ、遅れています。』
というやり取りです。

文脈から何となく意味が分かるものも多いですが、心底「はて?」となった単語もありました。

①アサイン
上司が他部署の人へ
『加賀をアサインします』
と伝えているのを聞きまして。

『へ!?』となってうろたえている私を見て、先輩が「プロジェクトに参加させる」という意味だと教えてくれました。

「任命する、仕事を割り当てる」といった意味もあるようです。

②フィジビリティ
何かの企画について上司に相談した際
『フィジビリティも検証しないと』
と言われ、
『…はい』
と答えたはいいものの、全く意味が分からなかったので、慌てて自席のパソコンで意味を調べました。

正解は「実現可能性、実現見込み」でした。

③ASAP
『これはいつまでにやれば良いですか?』
『エーエスエーピー』
『…はい』

アルファベットの羅列ですので、意味を考えることすらしませんでした。
これも先輩が「なる早」と同義だと教えてくれました。

最初から日本語で言ってくれれば!と思う反面、もしや私の英語力が乏しいのか…?とも思い、未知のワードにぶつかる度にコソコソ検索する、という日々を経て、今ではリスケだのフィックスだのを使えるようになりました。

ただ、「ビジネス用語」で検索すると、候補に「ビジネス用語 恥ずかしい」とも出てくるので、これ見よがしに披露するのは避けたいところです。

年金アドバイザー 加賀
加賀
さがみ社会保険労務士法人
 湘南平塚オフィス所属
年金アドバイザー

初回のお電話で、ギモン解決!

専門家の対応で、具体的に障害年金手続きがイメージできる!

着手金0円 / 完全成功報酬制

全国対応無料相談専用ダイヤル

0120-918-878

平日9:00~18:00 
土日祝9:00~17:00

無料オンライン相談予約