障害年金の申請を全国対応サポート! 精神疾患専門の障害年金申請代行センター

 

ブログ


メールで共有する
このページを印刷する
公開日:2020/11/12
  最終更新日:2020/11/12

名字を伝えたい

「お名前は漢字でどう書きますか?」

平塚事務所の加賀です。
みなさまは、電話で「名字は漢字でどのように書くのですか?」と聞かれたとき、どうやって説明していますか?

あれは私が社会人1年目のとき。
仕事上の電話にもかかわらず、とっさに
『あ、加賀百万石の加賀です!』
と言ってしまい、隣で聞いていた先輩に「すごい自己紹介だね…」と苦笑されました。
暗に、偉大なもので自分を説明するのはいかがなものか?と伝えてくださったのでしょう。

ではどうするか。

真っ先に思いついたのは、
『加賀まりこさんの加賀』でした。
有名な方ですし、手っ取り早いかなと。
しかし、女優さんの名前を出して自分を説明することになるので、加賀百万石を使ったときと印象が変わらない…却下。

結局、家族が使っていた
『加えるに、賀正の賀です』を採用することにしました。

ところが、電話だと
『クワエルニ、ガショウノガデス』と聞こえるわけでして。
少し前にこれを使ったところ、相手の方に
「ガショー……?あぁ、加賀まりこの加賀ですか?」と言われてしまいました。
賀正という単語が、声だけでは伝わりにくいことが判明。
しかも、結局加賀まりこさんに登場いただく始末。

う~ん、それでも加賀まりこさんは自分からは出してはいけない、気がする、なんとなく。

ということで、最新版はこちら。
『クワエルニ、ネンガジョウのガデス』

障害年金コーディネーター 加賀
加賀 美帆
さがみ社会保険労務士法人
障害年金コーディネーター

着手金0円 / 完全成功報酬制

全国対応無料相談専用ダイヤル

0120-918-878

平日9:00~18:00 
土日祝9:00~17:00
土日は事前予約がおすすめです