障害年金の申請を全国対応サポート! 精神疾患専門の障害年金申請代行センター

文字サイズ変更

  • 受給件数800件突破
  • 受給率98%
  • 全国対応の無料相談専用ダイヤル
    0120-918-878
    平日9:00~18:00 土日祝9:00~17:00

ブログ

このページを印刷する
公開日:2020/05/07 最終更新日:2020/07/21

歯を半分抜きました。

歯ぎしりのイメージ

横浜事務所の黒川です。

緊急事態宣言が出た頃から、ふと鏡を見ると、歯茎の横にニキビのようなできものができていました。
顔のニキビの様に、ほっておけば治るだろうと思っておりましたが、一度しぼんでから又膨らんできてしまいました。
ネットを調べると治療しないと最悪、骨まで破壊されるなどと恐ろしいことが書かれていました。これは歯医者に行かなければと観念しました。

歯医者って行くの嫌ですよね。一度で終わらないし、痛いし、お金もかかるし。
もともと歯並びの悪い私は、歯周病が怖いので、定期検診は必ず行っていました。昨年からは歯科ドックも受け、歯周病予防にも通っていたのですが。
ただ、昔から歯科医師に指摘を受けていた、奥歯の神経を抜いている歯は歯周病が進行していて、注意が必要でした。

自宅にいる時間が増えて、つい口が寂しく間食も増えており、またストレスから寝起きに気がつくと歯を食いしばっていました。

歯科医師からの指摘で、歯を食いしばっていたことで、神経を抜いていた歯にかなりな力が加わり、根が折れていました。そこから菌が入り膿んでしまったようです。

歯を半分抜くという方針で治療を始めました。半分て?どういうことかというと画面で説明していただきました。歯の根っこは2つあるので、歯を半分に切って、折れている片方の根のみを抜く方法でした。残っている片方は残す方法です。そして、今も治療中です。

皆様も自宅にいる時間が長いと、ついつい飲み食いする時間が長くなります。
間食や食いしばりには気をつけて下さい。

横浜事務所所長 社会保険労務士 黒川
黒川 庸子
さがみ社会保険労務士法人 横浜事務所所長
社会保険労務士

着手金0円 / 完全成功報酬制

全国対応無料相談専用ダイヤル

0120-918-878

平日9:00~18:00 
土日祝9:00~17:00
土日は事前予約がおすすめです