業界最大級 1,500 件以上の請求実績! 精神疾患専門の障害年金申請代行センター

精神障害者の地域生活支援におけるソーシャルサポートネットワーク


メールで共有する
このページを印刷する
公開日:2022/01/28
  最終更新日:2022/02/01

課題:精神障害者の地域生活支援におけるソーシャルサポートネットワークについて、まとめなさい

規定文字数:500字
本文文字数:600字

精神障害者に対する精神保健福祉施策における、中核的概念が「入院医療から地域生活へ」とする施策を背景に、ソーシャルサポートネットワークの在り方としては、当分野での様々な課題の実践・解消が必要と考察される。具体的には、各、①障害保健福祉圏域・②市町村・③都道府県・④国の 4 層を基軸とする重層的な住居確保・生活継続・就労という総合的支援体制整備が挙げられる。①では、既存の地域生活相談支援施設等における相談支援などを始めとする、機能強化が要される。②・③では、公的単身障害者がグループホームや一般アパートへの入居推進に対し、緊急時連絡先や身元保証を伴う物件提供者や事業に応じる、ニーズ把握や対応策なども含めた施策展開が必須である。なかでも、各障害者自身が、社会的に何らかの役割を担う認識に対する課題は重要とされる。本人の状態や能力に応じて、授産施設や福祉的就労形態や報酬体系から、一般就労へと繋げるワークシェアリング的な就労や、就労案件の幅を広げるなど、社会適応訓練事業・事業・企業との連携などの展開が求められる。特に、サービスの質や公平制度の視点から、事業者と障害者双方への報酬の見直しも同様である。また、長期入院患者に対しては、社会復帰への意欲や希望を促すために、精神保健福祉士などがその役割を担う課題も要される。④の国としては、以上の各推進目的に対する財源捻出も含め抜本的な制度改正を行う使命がある。

参考文献

  • 参考文献:PDF 精神障害者の地域生活支援の在り方に関する検討会 最終まとめのポイント
    URL:https://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/08/dl/s0806-7a.pdf

初回のお電話で、ギモン解決!

専門家の対応で、具体的に障害年金手続きがイメージできる!

着手金0円 / 完全成功報酬制

全国対応無料相談専用ダイヤル

0120-918-878

平日9:00~18:00 
土日祝9:00~17:00

無料オンライン相談予約