業界最大級 1,500 件以上の請求実績! 精神疾患専門の障害年金申請代行センター

パターナリズムについて


メールで共有する
このページを印刷する
公開日:2022/01/28
  最終更新日:2022/01/28

パターナリズムについて説明しなさい

規定文字数:500字
本文文字数:600字

パターナリズムとは、一般的に
「弱い立場にある個人の自律性に対して、”有益とされる”という理由から強い立場にある者が、おもに干渉、及び介入・支援をおこなうこと」
と定義される。その概念としての正当化が認められる場合は以下の5モデルとして分類できる。

1.自由最大化モデル:
被干渉者が、より自由に言動できる範囲を広げるために正当化される。

2.任意性モデル:
被干渉者自身に関して有害とみなされる言動が本人の任意と認められない、また、任意的か強制的であるかを確認するために正当化される。

3.将来的同意モデル:
被干渉者が将来において、現状の干渉行為を必要なものと認めるであろうと想定される場合に正当化される。

4.合理的人間の同意モデル:
おしなべて合理的に物事を捉える人間であるならば、その干渉に同意するであろうという場合に正当化される。

5阻害がなければ有したとされる意思に適合するモデル:
干渉によって被干渉者の自律性が阻止されていなかったとしたら、芽生えたであろう有害な意思に対して、その干渉の適合性が認められる場合に正当化される。

また、精神保健や福祉分野を含む広範囲の医療におけるパターナリズムの正当化は、患者・被干渉者に関わる様々な専門職立場として、本人の権利を侵害しないことが前提とされる。また、医療/支援上の諸問題も功利的に勘案し他に選択肢がないとされた場合、”倫理的に正しい”干渉であると認識されるものに準じる。

参考文献

初回のお電話で、ギモン解決!

専門家の対応で、具体的に障害年金手続きがイメージできる!

着手金0円 / 完全成功報酬制

全国対応無料相談専用ダイヤル

0120-918-878

平日9:00~18:00 
土日祝9:00~17:00

無料オンライン相談予約