障害年金の申請を全国対応サポート! 精神疾患専門の障害年金申請代行センター

文字サイズ変更

  • 受給件数800件突破
  • 受給率98%
  • 全国対応の無料相談専用ダイヤル
    0120-918-878
    平日9:00~18:00 土日祝9:00~17:00

よくあるご質問

このページを印刷する
公開日:2020/01/17 最終更新日:2020/10/28

生活保護受給中に障害年金を申請するメリットはありますか?

年金手帳と通帳

現在、生活保護を受給中です。
ケースワーカーから障害年金の申請を勧められましたが、受給できてもその分が生活保護費から引かれるので最終的な金額は変わらないそうです。
申請をするメリットを教えてください。

A.生活保護には様々な制約があります。

収入制限

障害年金も働けないこと、生活できないことに対するケアですが、“世帯収入”で見る生活保護に対し、障害年金は“当事者の収入”を見ます。
生活保護の収入制限を示す図

財産の制限

土地・家屋や車の所有、生命保険の加入、クレジットカードの利用制限、ペットの飼育など、最低限度の生活を保証するという性質上、生活保護には財産の所有について制限があります。
障害年金には、こういった制限は設けられていません。

受診先の制限

生活保護は基本的にかかれる病院に制限があります。
特に精神疾患については、病院・医師との相性が大きく影響するでしょうから、「ここでの通院を続けるのは難しいな」と思ったときに、通院先の変更を視野に入れられるのも、障害年金受給のメリットではないでしょうか。
医療機関の選択の制限

就職の制限

病気が落ち着いてきて就職を考えた場合、生活保護は収入が一定額を超えた段階で打ち切られてしまいますが、障害年金は病気が治って普通に生活できるようになっても、次の更新まで続きます。
例えば、回復したと考えて就職したけれども、やはり無理だったというような場合にも、次の更新までの間はそのまま受給し続けることができます。

障害年金と生活保護については、生活保護と障害年金の関係でも解説しています。

精神保健福祉士 金子
金子 英史
さがみ社会保険労務士法人
湘南平塚事務所所属
精神保健福祉士

着手金0円 / 完全成功報酬制

全国対応無料相談専用ダイヤル

0120-918-878

平日9:00~18:00 
土日祝9:00~17:00
土日は事前予約がおすすめです