障害年金の申請を全国対応サポート! 精神疾患専門の障害年金申請代行センター

 

よくあるご質問


メールで共有する
このページを印刷する
公開日:2020/04/28
  最終更新日:2020/12/01

障害者手帳はいつ取るのがいいですか?

障害者手帳取得のタイミング

障害年金の申請にあわせて、障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)の申請も考えています。
どのタイミングで取得するのがいいですか?

A.場合によりけりです

特に急いでいないのであれば、障害年金の決定を待つのもひとつの方法です。
精神障害の場合は、年金証書と同じ等級の障害者手帳を取得できるので、診断書が1枚で済みます。
診断書料も節約でき、ご本人、医師とも負担が少なくて済むでしょう。

もし、なんらかの福祉サービスを受けるために、障害者手帳の取得を望んでいるのであれば、わざわざ障害年金のために遅らせたりせず、受けられる福祉サービスを優先でいいと考えます。

障害者手帳を申請する際は、その際の診断書のコピーを取っておいてください。障害年金の申請時、参考にすることができます。

社会保険労務士 小西 一航
小西 一航
さがみ社会保険労務士法人
 代表社員
社会保険労務士

着手金0円 / 完全成功報酬制

全国対応無料相談専用ダイヤル

0120-918-878

平日9:00~18:00 
土日祝9:00~17:00
土日は事前予約がおすすめです