障害年金の申請を全国対応サポート! 精神疾患専門の障害年金申請代行センター

 

よくあるご質問


メールで共有する
このページを印刷する
公開日:2020/06/24
  最終更新日:2020/12/02

就職すると障害年金は支給停止しますか?

就職すると障害年金は支給停止になる?

現在、精神疾患による障害年金を受給中です。
最近体調がよく、外出できるようになったため、就職しようと思っています。仕事が決まったら年金は止まりますか。

就職が即座に支給停止につながることはありません。

就労していることを理由に、現在受給している年金が即座に停止されることはありませんが、次回更新時に停止や下の等級に改定される可能性はあります。

ですが、一口に就労していると言っても様々なケースが考えられます。

  • 週の労働時間が短い
  • 雇用形態が障害者雇用である
  • 周囲のサポートがある

など援助や配慮がある場合には、等級に変更なく更新できることもあります。

その際には周囲からの援助や配慮などの状況を事業主やジョブコーチなど第三者に証明してもらうことが望ましいです。
よほど体調が良くなり、完全に回復したと医師から診断が出た場合は、障害年金の受給停止を申し込みます。
ただし、受給停止を考えるほど治ったと感じても、ご自身で決めず必ず医師の診断を受けてください。

社会保険労務士 小西 一航
小西 一航
さがみ社会保険労務士法人
 代表社員
社会保険労務士

着手金0円 / 完全成功報酬制

全国対応無料相談専用ダイヤル

0120-918-878

平日9:00~18:00 
土日祝9:00~17:00
土日は事前予約がおすすめです