障害年金の申請を全国対応サポート! 精神疾患専門の障害年金申請代行センター

文字サイズ変更

  • 受給件数800件突破
  • 受給率98%
  • 全国対応の無料相談専用ダイヤル
    0120-918-878
    平日9:00~18:00 土日祝9:00~17:00

よくあるご質問

このページを印刷する
公開日:2020/01/21 最終更新日:2020/07/17

障害年金受給中、症状が重くなったら等級は変わりますか?

現在、障害年金を受給中です。
しかし、症状が悪化し、1等級重い障害状態になったと感じています。
次の更新の前に、等級を変えられますか?

A.はい、途中で「額改定」の請求を行うことができます。

年金支給の決定(裁定日)から1年の経過後、等級が変わるほど症状が重くなっていた場合、額改定請求を行うことができます。

この申請は、1年を経過していればいつでも可能ですが、提出すれば必ず等級が変わるわけではなく、裁定請求と同じような審査が入ります。

請求の際には、「障害給付額改定請求書」(https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/tetsuduki/shougai/jukyu/20140421-24.html)と「提出する日前3か月以内の診断書」を提出します。
2019年8月までは1か月以内の診断書でしたが、要件が緩和されました。

当社では、額改定サポートプランもご用意しております。

詳細は料金プランのページをご覧ください。

また、逆に等級が変わるほど症状が軽くなった場合は、年金事務所または街角の年金センターに申し出ます。
医師の診断は必須ではありませんが、障害の影響で治ったと感じてしまうケースもありますので、ご自身で快復したとの判断をすることは厳禁であると考えます。

社会保険労務士 小西 一航
小西 一航
さがみ社会保険労務士法人
 代表社員
社会保険労務士

着手金0円 / 完全成功報酬制

全国対応無料相談専用ダイヤル

0120-918-878

平日9:00~18:00 
土日祝9:00~17:00
土日は事前予約がおすすめです