障害年金の申請を全国対応サポート! 精神疾患専門の障害年金申請代行センター

文字サイズ変更

  • 受給件数800件突破
  • 受給率98%
  • 全国対応の無料相談専用ダイヤル
    0120-918-878
    平日9:00~18:00 土日祝9:00~17:00

ブログ

このページを印刷する
公開日:2020/05/11 最終更新日:2020/07/21

人の顔、どこから見るか

いろいろな顔のパーツ

平塚事務所の加賀です。

「〇〇さんて芸能人の▲▲さんに似てるよね」

この手の発言をして共感を得られたためしがありません。
(本人ではなく第三者との会話です。)

「まぁ、言われてみれば…」
どころか
「え⁉どこが⁉全っ然似てない!」
と勢いをもって否定されることが多いです。

私としては、瓜二つまではいかずとも「何かが似てる」という感覚に迷いはないので、せめて「まぁ…」くらいのレスポンスが来るはずなのですが。
毎度毎度理解してもらえないので、私がズレているのかなぁと釈然としない日々を送っていました。

そんなある日、こんなことを耳にしました。
『人の顔を見たとき、最初に認識するパーツは人それぞれ違う(無意識の行動として)』
なんということでしょう。
同じ顔を見ていても、見る人によってその顔の印象を決めるパーツが異なるそうです。
これでは、似てる・似てないの感覚は違って当然ですね。

そうなると、私は一体どこを見て、こんなにも“似てるよね議論“のマイノリティになってしまうのか気になります。まぁ、無意識なので分かりませんが。

そう言えば、知人とある芸能人について話していたとき、知人が「ちょっと鼻が大きい」と言っていました。
どんなに記憶をたどっても、私にはその方の鼻が思い出せません。
こういうことか。

障害年金コーディネーター 加賀
加賀 美帆
さがみ社会保険労務士法人
障害年金コーディネーター

着手金0円 / 完全成功報酬制

全国対応無料相談専用ダイヤル

0120-918-878

平日9:00~18:00 
土日祝9:00~17:00
土日は事前予約がおすすめです