業界最大級 1,000 件以上の請求実績! 精神疾患専門の障害年金申請代行センター

 

よくあるご質問


メールで共有する
このページを印刷する
公開日:2020/10/07
  最終更新日:2020/12/04

障害者手帳を持っていれば、障害年金を受給できますか?

障害者手帳があれば障害年金も受給できる?

精神障害者保健福祉手帳(療育手帳)を持っているので、申請すれば障害年金をもらうことできますか?

障害者手帳を持っているからといって、障害年金を受給できるとは限りません。

精神障害者保健福祉手帳療育手帳などの障害者手帳を持っていることが、障害年金を受給できる理由にはなりません。

障害者手帳に比べ、障害年金には様々な要件があり、審査についても障害年金の方がかなり厳しいものとなっています
障害者手帳のときには通った診断書でも、障害年金の際には全く通らないことがあります。
同じ感覚で申請をすることはおすすめできません。

ただ、もし障害者手帳を申請したときの診断書の控えをとってあるのであれば、障害年金の申請の際に非常に重要な資料となりますので、保存しておいてください。
障害年金申請の診断書を依頼する際に、医師の考えを把握するために参考とすることができます。

社会保険労務士 小西 一航
小西 一航
さがみ社会保険労務士法人
 代表社員
社会保険労務士・精神保健福祉士

初回のお電話で、ギモン解決!

専門家の対応で、具体的に障害年金手続きがイメージできる!

着手金0円 / 完全成功報酬制

全国対応無料相談専用ダイヤル

0120-918-878

平日9:00~18:00 
土日祝9:00~17:00

無料オンライン相談予約