障害年金の申請を全国対応サポート! 精神疾患専門の障害年金申請代行センター

 

成果報酬型の障害年金の申請代行

さがみ社会保険労務士法人は、うつ病、統合失調症、双極性障害、発達障害などの精神障害による障害年金の申請代行を専門にしています。
ご依頼者様の経済的負担を減らすため、着手金0円、年金支給後のお支払いとさせていただいております。もし、不支給となった場合には報酬はいただきません。

さがみ社会保険労務士法人が
大切にしていること

「受け取るべき人が、あたりまえに受け取れる
障害年金制度の実現を目指す」

障害年金とは、現役世代の方が傷病のために働くことや日常生活が困難になったとき、経済的に助ける救済制度です。

ところが、情報化社会と言われる今の時代にも、その存在を知ることができず、受け取るべき人が受け取れていない現状があります。また、制度の存在は知っていても、特に精神障害は手続きが煩雑なため、途中で断念する人も少なくありません。

私たちは、「受け取るべき人が当たり前に受け取れる障害年金制度」の実現を目指し、常に考え、熱意を持って行動し、支援を求める人の頼れるコンサルタント、コーディネーター的な役割を果たしていきます。

障害年金は、ほとんどの障害で
受給可能です。

障害年金というと、肢体や視力などのイメージが強いですが、ガン(悪性新生物)や糖尿病、内臓疾患、それにうつ病・双極性障害・統合失調症・てんかん・発達障害などの精神障害や知的障害も含め、ほとんどの障害をカバーしています。ただし、老齢年金と違い、申請(請求)しなければ受給することができません。

  • 働きながらでも
    受給可能
  • 年間受給額
    約80万円~
  • 過去5年分まで
    受給可能
  • 病気の限り
    一生涯受給
まずはご自身がいくら受給することが
できるのか、お気軽にご相談ください。

障害年金申請代行サービス

さがみ社会保険労務士法人は精神疾患に特化。
着手金0円の報酬後払い制。
不支給の場合は報酬をいただきません。

  • 01

    着手金0円!
    不支給なら報酬不要

    支払いは年金振込後なので、
    低リスクで安心

    ご依頼者さまが安心して障害年金の申請を決められるよう、当社では年金振込後の後払い(いわゆる完全成功報酬制)を採用しています。
    不支給のときには報酬はいただきません。

  • 02

    精神障害専門の
    プロ集団

    精神保健福祉士が在籍、
    精神科医とも顧問契約

    当法人には精神疾患を専門とする社会保険労務士、精神科に勤務経験のある精神保健福祉士、さらに医療顧問として精神科の医師と契約しています。

  • 03

    困難な事例も諦めず、
    受給率98%達成

    初診日不明などの難事例も
    含めた受給率です

    受給率アップのために、簡単な症例しか受けないといったことはありません。受給すべき方のため、徹底的な調査を行います。諦める前に一度ご相談ください。

詳しいサービス内容はこちら

障害年金の受給事例

さがみ社会保険労務士法人にお任せいただいて
受給された事例をご紹介します。

受給事例をもっと見る

過去5年分のさかのぼりで1,000万円以上の受給事例もあります。
ご自身が該当するかなど、気になることがありましたら、お問い合わせフォームやスピード無料診断、お電話にてお問い合わせください。

全国対応無料相談専用ダイヤル

平日9:00~18:00 土日祝9:00~17:00
土日は事前予約がおすすめです。

0120-918-878

着手金・相談料0円の料金プラン

完全成果報酬型の
障害年金申請代行の料金プランです。

  • Plan01

    裁定請求代行

    着手金不要、成果報酬制で受給要件の確認から提出まで、手続きのほとんどを代行いたします。
    初診日が不明または証明が困難な方に向けたフルサポートプランもご用意しております。

    詳しく見る
  • Plan02

    不服申立て代行

    一度、ご自身で請求して不支給となった方に向けたプランです。
    裁定代行のフルサポートプランに加え、再審査のための資料作成等を行います。

    詳しく見る
  • Plan03

    更新代行

    有期の障害年金を受給している方に向けたプランです。更新月の3か月前くらいにご連絡いただくのがおすすめです。
    新規ご契約の方は成果報酬制となります。

    詳しく見る

生活保護の方が障害年金の申請代行を依頼する場合、
市区町村によってはその分の経費が控除されます。
そのため、実質0円で社労士への依頼ができることがあります。
詳しくはご担当のケースワーカーにお問い合わせください。

障害年金の申請は専門的で難しい
私たちにお任せください

障害年金のなかでも精神の障害は特に複雑で、精神疾患を抱える方やそのご家族が手続きを行うには、重い負担や困難を伴っているのが現状です。
ご自身で請求しようとしたものの、手続きが煩雑すぎて心労から病状を悪化させてしまう方も少なくありません。
障害年金について調べるだけの気力が湧いてこない、ひとりでは手続きが難しい、生活の困難さをうまく医師に説明できない……そんな理由で障害年金を諦めていませんか?

当法人は、開設当初から精神疾患を専門にしてきた社会保険労務士のほかに、日本年金機構に約10年勤務していた社会保険労務士、精神病院勤務経験のある精神科ソーシャルワーカー(精神保健福祉士)さらに精神科医(医療顧問)から構成されており、精神医療×年金制度のプロフェッショナル集団を自負しています。
障害年金を諦める前に、まずは私たちに相談してみてください。

「怖い人だったらどうしよう」とか「初歩的なことを聞いてもいいだろうか」と考えて、相談する前にとても緊張したという声をよく聞きます。
どうか安心してください。
私たちは、分かりやすい言葉で説明し、親身になって誠実に対応します。
もちろん無料相談だからといって手を抜くことはしませんし、相談したからといって必ず依頼しなければならないということもありません。
ご自身で申請するにしても、少しでもあなたの「疑問」や「不安」を取り除くことが年金の専門家である社労士の使命だと考えています。

全国対応/無料相談専用ダイヤル

TEL: 0120-918-878

平日9:00~18:00 
土日祝9:00~17:00
土日は事前予約がおすすめです。

着手金0円 完全成果報酬制