業界最大級 1,000 件以上の請求実績! 精神疾患専門の障害年金申請代行センター

 

用語集


メールで共有する
このページを印刷する
公開日:2021/05/28
  最終更新日:2021/05/28

コウカイシンリ

公開審理

障害年金における公開審理とは、再審査請求の審理のことをいいます。
公開審理は字のとおり、非公開ではなく、公開されて行われる審理のことです。
そのため、請求者側(請求人及び代理人)の出席が可能が可能となっています。

第1審にあたる審査請求が、社会保険審査官単独で審査されるのに対し、第2審の再審査請求は審査員3名(元裁判官、医師等)、6~8名ほどの参与、保険者の代理人、請求人やその代理人が参加します。
請求人側は任意参加

再審査請求の審査員は中立的な立場であることと、参与の参加があるため、法律に基づく客観的な意見が出やすく、請求者側からの発言もその場で行えることから、審査請求よりも処分変更となりやすい傾向があります。

社会保険労務士 小西 一航
小西 一航
さがみ社会保険労務士法人
 代表社員
社会保険労務士・精神保健福祉士

着手金0円 / 完全成功報酬制

全国対応無料相談専用ダイヤル

0120-918-878

平日9:00~18:00 
土日祝9:00~17:00

無料オンライン相談予約