業界最大級 1,000 件以上の請求実績! 精神疾患専門の障害年金申請代行センター

 

用語集


メールで共有する
このページを印刷する
公開日:2020/04/14
  最終更新日:2021/10/06

ジゴジュウショウ

事後重症

障害年金は基本的に、初診日から1年6か月後の障害認定日に一定の障害状態であるかどうかが、支給要件のひとつになっています。しかし、特に精神の障害は状態に波があり、障害認定日に支給要件に該当する状態にあるとは限りません。
このような場合のためにあるのが、事後重症制度です。

障害認定日において、障害状態が障害年金支給に相当する等級より軽かったものの、その後状態が悪化し、支給の対象となる障害状態になった場合、この制度により受給権が発生します。
なお、注意していただきたい点として、受給権の発生は、認定日でも重症化時点でもなく、請求を行った時点となります
遡及請求もできません。

事後重症(重症化3年前)
事後重症のよくある間違い(重症化3年前)

社会保険労務士 小西 一航
小西 一航
さがみ社会保険労務士法人
 代表社員
社会保険労務士・精神保健福祉士

初回のお電話で、ギモン解決!

専門家の対応で、具体的に障害年金手続きがイメージできる!

着手金0円 / 完全成功報酬制

全国対応無料相談専用ダイヤル

0120-918-878

平日9:00~18:00 
土日祝9:00~17:00

無料オンライン相談予約