業界最大級 1,500 件以上の請求実績! 精神疾患専門の障害年金申請代行センター

動作法の概要について説明しなさい


メールで共有する
このページを印刷する
公開日:2022/01/28
  最終更新日:2022/02/01

課題:動作法の概要について説明しなさい

規定文字数:500字
本文文字数:600字

さまざまな心理的諸問題を、動作によって改善・安定へと導くための療育技法・心理療法のひとつである。1960 年代に九州大学の成瀬 悟策ごさく 教授らにより、心理学立場からの脳性まひ児の動作改善援助方法として開発された。近年では脳性まひの他に、発達障害・自閉症・重度重複障害などの障害児の行動改善や発達促進にも貢献している。また、カウンセリング・スポーツ選手の技術向上・高齢者の心身活性化や健康維持など広範囲にわたる分野で、心身の調和を図る支援方法として応用されている。言葉ではなく、体感的な動作による治療面談が基本となる為、比較的、短期間で対象者の心理的主訴を改善へと導く効果があるとされている。セラピストによる適切な援助を受けつつ、身体を動かすために自分が主体となりコントロールすることを目標とし、緊張している部位を意図して緩める経験をとおして、心身共にリラックスする過程を学習・訓練していく。成果としては、座位・歩行の姿勢や書字などを始め、あらゆる動作の安定性の獲得が挙げられる。身体的変化として、深呼吸の会得・血行促進・よだれ改善などがあり、心理面では、安定状態・自己意識への関心・自身の表情認識・空間認知性の向上などが挙げられる。援助者の実施留意点としては、相手の主体性を尊重しつつ動作すべき状況を作り出し、自ら動かそうという意志の芽生えを「待つ」ことと、形や格好を重視し無理な指導を強制すべきではないことである。

参考文献

  • PDF 平成19年度自立活動研修会(動作法) 進行:森下徳行教諭
    URL:http://www.fukui-sh.ed.jp/1006soudanshien/zikatu.files/2007.7/200707%20jiritukatududayori%20.pdf
    【<主な引用文献> 動作法概説 二宮昭(愛知淑徳大学)福特心理リハ研研修会資料(2004)
    <参考文献> 障害者のための絵で分かる動作法(福村出版 1999)
    動作法テキスト 東海北陸心理リハビリテイション研究会(2000)】
  • JSCCP│一般社団法人 日本臨床心理士会 Webサイト
    URL:http://www.jsccp.jp/near/interview13.php
  • 群馬県│公式ホームページ
    URL:https://www.pref.gunma.jp/07/p11210003.html

初回のお電話で、ギモン解決!

専門家の対応で、具体的に障害年金手続きがイメージできる!

着手金0円 / 完全成功報酬制

全国対応無料相談専用ダイヤル

0120-918-878

平日9:00~18:00 
土日祝9:00~17:00

無料オンライン相談予約