障害年金の申請を全国対応サポート! 精神疾患専門の障害年金申請代行センター

 

よくあるご質問


メールで共有する
このページを印刷する
公開日:2020/04/21
  最終更新日:2020/12/10

配偶者が厚生年金加入なら、障害厚生年金を受給できますか?

配偶者が厚生年金に加入している場合、被保険者の障害年金はどうなる?

厚生年金に加入している配偶者の扶養に入っている場合、障害厚生年金を受給できますか?

A.いいえ。厚生年金に入っている配偶者の被扶養者は、国民年金にのみ加入しています。

これは誤解されやすいのですが、障害厚生年金を受給できるのは、扶養者のみです。
扶養者である配偶者が厚生年金の被保険者でも、被扶養者である本人は国民年金の第3号被保険者ですので、障害基礎年金での申請となります。

ただ、現段階で初診日をはっきりと覚えておらず、ご本人に厚生年金の加入歴があるなら、障害厚生年金の受給の可能性は残っています。 初診日が厚生年金加入期間にないか、調べてみる必要があります。

注意点として、あいまいな状態で年金事務所に行き「初診日は国民年金の時期だった」と伝えてしまうと、それが公的な記録となってしまう可能性があります。
まだ断定できないのであれば、先に社労士にご相談いただくことをおすすめします。

社会保険労務士 小西 一航
小西 一航
さがみ社会保険労務士法人
 代表社員
社会保険労務士

着手金0円 / 完全成功報酬制

全国対応無料相談専用ダイヤル

0120-918-878

平日9:00~18:00 
土日祝9:00~17:00
土日は事前予約がおすすめです