【ご契約者用】「さくっと病歴作成」の使い方

ご利用前に

障害年金支援ツール「さくっと病歴作成」とは

  • ①ご自分のペースでチャットに回答

    途中保存されるので、中断可能

  • 修正不要でそのまま送信

    もちろん修正してもOKです

  • ③担当者が加筆修正します

    おもに事前情報をもとに加筆・修正します

  • ④最終確認をお願いします

    必ずご確認いただいています

  • ⑤病歴・就労状況等申立書の完成です

    他の書類と一緒に提出します

さくっと病歴作成とは、障害年金を請求するにあたって必須提出書類である「病歴・就労状況等申立書」を作成できるツールです。
ご自分のペースでチャットの質問に答えていくだけで、「病歴・就労状況等申立書」についての情報を、当社宛に提供することができます。
現在は、知的障害・発達障害で申請される方にご利用いただいております。

もちろん、お電話の方が話しやすい。自分で文章を書くほうがやりやすいという方は、ご希望の方法で対応させていただきます。

「さくっと病歴作成」の開始方法

専用アドレスにアクセスするだけ

ご契約中の方には、登録作業不要の専用アドレスが発行されています。
メールにてご案内する専用アドレスよりご利用ください。
専用アドレスが分からなくなってしまったときは、再度ご案内しますので、ご連絡ください。

続きから始めるときも、個別アドレスからアクセスしてください。

  • 「さくっと病歴作成」個別URLの発行
  • 「さくっと病歴作成」個別URLのタップ
  • 「さくっと病歴作成」個別URLからのスタート
なお、開始時に生年月日を聞かれることがあります。その場合は、当事者本人の生年月日を入力してください。

注:本来は生年月日を入力してから、アドレスの通知を行いますが、忘れそうな項目なので記載してあります。
この記載は確認後、本番前に削除します。

つづきから始めるとき

開始方法と同じように、個別のアドレスからアクセスしてください。

病歴を作成する

チャットの質問に答えるだけ

個別アドレスからアクセスすると、チャット画面になります。
画面の質問にどんどん答えていってください。

なお、序盤の方が質問が多くなっているため、最初の方が大変かもしれません。
ご自身のペースでお答えください。

  • ラジオボタン

    チャットの質問に答えていくだけ。

  • チェックボックスとテキストエリア

    入力欄が出たときは、指示に従って記入

回答は中断OK

申立書作成のチャットは、中断可能です。
体調やスケジュールにあわせて、お好きな時間に進めてください。
再開は、開始と同様に個別アドレスにアクセスするだけです。

ポイント
設問の数は、最初の「未就学期」と「現在」の部分が多くなっています。
中・高や、成人後~現在手前まで(25歳前の方はこの部分自体がありません)はそこまで設問は多くありませんので、ご安心ください。

時期のあいまい回答が可能

「病歴・就労状況等申立書」はできごとを時系列順に並べる必要があるため、「〇〇はいつ頃でしたか?」という質問が出てきます。
このとき、年月日をはっきりと覚えていなくても、「2000年 夏 頃」といった入力が可能です。
また、◯◯歳、△年前といった表記も同時に見られるので、「◯◯歳の頃って何年だっけ?」といったことで困りません。

例:令和4年に「10年前の3月頃」と入力したい場合

【年】平成24年-2012年 10年前 9歳
【月】3月
【日】頃
と選択すると、10年前の3月頃として取り扱います。

なお、年齢は誕生日を基準としていますので、ご注意ください。

チャット中にも回答編集可能

回答はチャット中にも編集可能です。
「間違えて入力してしまった」「もうちょっと書き足したい」というときは、入力欄の外をクリック(タップ)して入力欄を閉じ、修正したいメッセージをクリック(タップ)してください。
  • 「さくっと病歴作成」回答の編集1

    グレーになっている部分を選択

  • 編集したい回答をタップ

    編集したい回答をタップ

  • ラジオボタン

    回答を編集したら、送信

回答を一覧から編集

「チャット画面より一覧からの方が回答しやすい」という方や、「あとからまとめて修正したい」という場合は、一覧画面から回答を編集することもできます。

  • 「さくっと病歴作成」回答の編集1

    回答欄の外を選択

  • 「さくっと病歴作成」メニューの開き方

    左上のメニューアイコンアイコンメニューからメニューを開きます

  • 「さくっと病歴作成」質疑応答データ閲覧

    質疑応答データ閲覧を選択

  • 「さくっと病歴作成」質疑応答編集ボタン

    質疑応答編集のボタンから編集が可能です

  • 「さくっと病歴作成」回答編集

    回答の編集結果によっては、次以降の設問が非表示になることがあります。

分からないときは「あとから答える」

「聞かれたけど、とっさに思い出せない」というときは、スキップの機能が使えます。
[あとで回答]を選んでおけば、あとから入力し直せます。

なお、それぞれ空欄のままでも出力できます。
情報が足りないときは、別のアンケートの情報からなるべく補完しますが、場合によっては追加で確認をさせていただくことがあります。
  • 「さくっと病歴作成」あとから答える(上)
  • 「さくっと病歴作成」あとから答える(下)

病歴の出力

回答が完了したら出力

  • 出力手順1
  • 出力手順2
  • 出力手順3

出力された文章は編集可能

出力された文章は、印刷前に編集可能です。加筆修正等は自由に行っていただいて構いません。
特に自由入力部分について、文章が繋がりづらい仕組みになっております。
そこにつきましては、ご契約中の方は、当社で確認・編集を行いますので、気にせずそのまま送信してください
その後、編集を終えたものをメールでご確認いただきます。こちらの段階で、加筆修正を希望していただくことも可能です。

障害の初診日、障害認定日、現在の医療機関の初診日に関して

システムの都合上、以下については出力されないため、外部ユーザーの方にはご自身での記載をお願いしています。
ご契約中の方は当社で追記しますので、そのまま送信していただいて大丈夫です

文章のまとめかた

いちばん最後の質問部分は、「今までの回答で書き足りないことがあれば、ここに書いてください」程度に思っていただければ大丈夫です。
当社とご契約中の場合、記入がなければ、別のアンケート情報をもとに当社で作成します。

便利なコンテンツをご用意

障害年金支援ツール「さくっと病歴作成」では、病歴・就労状況等申立書の作成以外にも、ホーム画面に便利なコンテンツをご用意しています。
(このページからもアクセスできます)

ホーム画面の見方

  • 「さくっと病歴作成」回答の編集1

    回答欄の外をクリックまたはタップ

  • 「さくっと病歴作成」ホーム作成ボタン選択

    ホームを選択

  • 申立書作成ボタン選択

    チャットに戻るときは「申立書作成」を選択

  • 作成開始ボタン

    作成開始ボタンからでもチャットに移動できます

コンテンツのご紹介

障害年金申請で困ったら

こちらは、障害年金申請代行に関するご案内です。
すでにご利用いただいている方にはご存知の情報になります。

受給事例

知的障害を中心に、実際の受給事例を掲載しています。

お問い合わせ

こちらは、契約されていない方向けの問い合わせコーナーです。
ご契約者いただいている場合は、フォーム利用ではなく、直接メールやお電話いただけます。

マイページ

登録した誕生日や割り振られたIDなどを確認できます。
メモ欄はご自由にお使いください。
退会等も一般ユーザー向けの機能ですので、基本的に操作の必要はありません。

障害年金支援ツール「さくっと病歴作成」 
(c)さがみ社会保険労務士法人 2022.